鹿児島に「きらりのほいくえん」オープンしました

鹿児島、西谷山に新しい保育園がオープン

鹿児島市西谷山にきらりのほいくえん」がオープンしました。

私は、「きらりのほいくえん」のホームページ作成の文章を担当いたしました。ホームページ作成の制作チームは、株式会社城岡プロモーション。

「きらりのほいくえん」園長先生の第一印象

「きらりのほいくえん」園長先生の松下創思(まつしたそうし)先生の、子どもたち、働くママに対する想いは素晴らしい。

松下先生のような方が園長先生を務める「きらりのほいくえん」に通う子どもたち、子どもを預ける働くママ、きらりのほいくえんで働くことができるスタッフは、きっと幸せだろうなと感じます。

それは、今年1月の打ち合わせの時・・・。

松下先生の「きらりのほいくえん」にかける情熱、想いを知ったときに、すぐに引き込まれてしまいました。

私も、4年前まで教育界にいた人間。

松下先生の「園の理念」でもある

「安全・健康」という畑を耕し「愛情」という肥料を撒き「個性」の発芽を喜ぶ

という想いは、共感できるものでした。

「好きな遊びを自分で選び、とことん遊んで欲しい」

という松下創思園長先生の想いを伺っているうちに、「松下先生も、好きな遊びを存分にしてこられ、そして素敵な今がある」んだなということが伝わってきました。

松下先生は、実は歯科医です。

歯科医ですが、教育という分野で子どものこと、働くママのことをとことん考えていることはインタビューですぐにわかりました。

「子どもが選ぶ遊びは、きらりキッズサポーター(職員)が用意した遊具や教材でなくていい。いつもの生活に身近にある新聞紙や外遊びの時の葉っぱや小枝でも何でもいい。子どもたちが興味をもったものを、時間制限無くとことんこだわって遊んで欲しい」

私も、三人の子どもを育てている働くママ

育休制度もありましたが、私は長男が生後6か月の時に職場復帰。振り返ると、本当に保育園、保育園の職員の皆さまがいなかったら、早い段階での職場復帰は到底無理なことでした。

職場復帰したくても、安心して子どもを預ける場所がないと、なかなかママたちは職場復帰はできないものです。ましてや、育児休暇の期間が長いと職場復帰するにも不安がよぎり、せっかくもっているスキルが活かすことができず、そのまま退職・・・ということにもなりかねます。

全ての女性がそうであるとは限りませんが、恋愛し結婚を決め、妊娠・出産・育児という経験をすれば、誰もが「働くママ」について一度は考えるものです。

子どもを小さな内から預けて働いて良いのか・・・・

私もさんざん迷いましたが、わずか産後6か月で職場復帰。

「きらりのほいくえん」松下創思先生の話を聴いていると、これまでの自分の育児についても振り返ることができ、親として子どもにやれることがまだたくさんあったのではないだろうか等と反省もしつつ、これからの子育てにも気合いが入りました。

 

「きらりのほいくえんは働くママの応援団」

「きらりのほいくえん」は、0歳児~2歳児までの小さな子どもを大切にお預かり致します。お問い合せは、きらりのほいくえんのホームページからお願い致します。随時見学も承っていますよ。

しかも、園長の松下先生は歯科医なので、きらりキッズたちには定期的に口腔内チェックとフッ素塗布を実施し、むし歯0園児を目指しています。

詳しくは、「きらりのほいくえん」のホームページを見てくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

ホームページ作成、ホームページ文章作成のお問い合せは、こちらからお願いします。

 

宏洲千秋(ひろしまちあき)

 

 

 

表現が苦手な方のためのお客様に届く伝わる表現のコツ

起業、Web用文章作成、講師の3つの分野のスタートでお悩みの方に適切なアドバイスをさせていただいております。
起業・Web用文章作成・講師の3つのプランに関する30分無料相談はこちら
最新イベント情報はこちら
WEB文章作成メニューリスト
起業メニューリスト
講師スタートリスト
メルマガ
PAGE TOP