講師デビュー講座

鹿児島セミナーアドバイザー

 講師デビュー講座

講師としての活動を始めているけれど、知り合いしか集まらない。集まったとしても、話をするだけでその後の仕事に繋がらないとお悩みの方はいないでしょうか?反応が悪いと、自信を失ったり自分がやっていることが不安になってしまったりとネガティブな感情になってしまうことがあると思います。

でも、実際にいろいろ調べてみると商品やサービスが悪いということではなく、セミナーの作り方(組み立て方)に問題があることがほとんど。全4回の講師デビュー講座では、誰に何をどのように伝え聞き手が行動してくれるのかをしっかり考え、あなた独自のセミナーや講座を完成させます。


講師デビュー講座を受講するメリット

この講座を受講するメリットは大きく3つあります。

メリット1、相手が興味を持つポイントが明確になる

メリット2、伝える順序や組み立て方が明確になる

メリット3、受講者の行動に繋がるセミナーのシナリオが完成する

 

伝わる講座と伝わらない講座の違いは何か?

そもそもの話ですが、伝わる講座と伝わらない講座の違いはわかりますか?「良い話をすれば伝わる。」「面白くて楽しい講座をやれば伝わる。」いろんな考え方があると思いますが、伝えるためには相手を知ることが大切です。

「受講者の悩みはなにか?」「受講者はどうなりたいのか?」伝わる講座をしている講師は常に相手の立場になって考えています。「全4回講師デビュー講座」では自己診断シートを使って現在の課題を見える化し、コンセプトシート、シナリオ作成シートでセミナー全体の流れを明確にしていきます。「伝えたいという気持ち」大切です。「相手の悩み」「相手の欲求や願望」を知ることでより伝わるセミナーを作ることができます。

セミナーを受講する人は、聞きたいのではなく、実際の行動に落とし込み新しい変化を求める人がほとんどです。「自分を知り相手を知ること。」ここが伝わるセミナー作りの第一歩となります。

また聞きたい!と思われるセミナー

相手の悩みや知りたいと思うポイントの整理ができたら、講座全体のシナリオを作ります。セミナーはあなたのお仕事の入り口に過ぎません。また聞きたい。また会いたいと思われなければ、ただ話をして終わりになってしまう可能性があります。

「え!そうなの?」「で?次はどうなるの?」など相手の心を動かす講座を作るためには、セミナーのコンセプトやシナリオを具体的にしなければいけないのですが、ただ頭で考えるのではなく、実際に手を動かしてセミナーのコンセプトを明確にしていきましょう。

使うワークシートは全部で10枚。

理想のなりたい姿をイメージし、誰に何をどのように伝えるかを整理し、あなたならではの伝え方を見つけていきましょう!

理想の自分設定(自己実現)
自己診断シート(現状把握)
基本コンセプトシート(ターゲット)
基本コンセプトシート(目的)
シナリオ作りシート(要約)
シナリオ作りシート(インパクト)
シナリオ作りシート(理由・根拠)
シナリオ作りシート(具体例)
シナリオ作りシート(行動喚起)
シナリオ作りシート(クロージング)

この講座は、単に宿題形式で進める講座ではなく、一緒に考えながらあなただけの「伝わる講座」を完成させることが目的です。

どのような内容の講座を作るのか、どのような流れの講座を作るのか、考えても進まないときは、私もあなたの身になって考えながら進めていきます。

 

講師デビュー講座

料金 200,000円(税抜)

期間 2日間(12時間)
資料1 自己診断シート
資料2 コンセプトシート
資料3 シナリオ作成シート

第1日目(前半)

自己分析とコンセプト設定

理想の自分設定(自己実現)
自己診断シート(現状把握)
基本コンセプトシート(ターゲット)
基本コンセプトシート(目的)

自分の理想を明確にしたうえで、現状にしっかり向き合っていただくところから始めます。自己診断シートで自分のセミナーに対する理解度を知ることで、課題が明確になり、より伝わるセミナーを作ることができます。

自己分析が終わったら、セミナーコンセプトシートを使って、ターゲットと目的を決めていただきます。講師自身にも目的があるように、参加者にも参加目的や理由があります。相手の身になって考え、自分の目的と参加者の目的を一致させることで、伝わるセミナーの土台が完成します。

 

第1日目(後半)

参加者を引きつけるスタート方法

シナリオ作りシート(要約)
シナリオ作りシート(インパクト)

「え?もうセミナーが始まってるの?」どのタイミングから始まったかわからないセミナーでは、スタートから伝わり方が弱くなります。まず前半5分で参加者をグッと引きつけるネタを用意しておくことが重要です。

今日のセミナーで持ち帰ってもらいたいことや、一番伝えたいポイントなどを先に伝えておくことでスタート段階から参加者を引きつけることが可能になります。「運動も食事も何も変えずに1ヶ月で6kg痩せたお客さんがるんだけど、どうして痩せたかわかりますか?」「え?わからない?」「今日はその方法をたっぷり2時間お話ししますね!」

「まず、この写真を見てください!」「どう?すごいでしょ!」と、このようなネタを初めから用意しておくことで、取り伝わるセミナーを作ることが可能になります。

第2日目(前半)

もっと知りたい!と思ってもらうために…

シナリオ作りシート(理由・根拠)
シナリオ作りシート(具体例)

良い事例を見せれば見せるほど、参加者はもっと知りたい!と思ってくれます。参加者が次に知りたいことは、根拠・理由・具体例などです。どうして痩せる?どうやって痩せるの?興味を持った参加者はどんどん具体的なことが知りたくなります。参加者に「なるほど!」「すごい!」「これいいかも!」と思ってもらうためには、必ず具体的な理由は必要になります。

第2日目(後半)

最後のまとめ方で、相談件数や申し込み件数は変わる!

慣れない講師は、話すことに夢中になってしまい、「まとめ」を忘れてしまいがちです。第一回目の講座で決めた「講師の目的」「参加者の目的」をもう一度思い出し、そこにどんな情報があれば行動してもらえるか整理しておくことが大切です。

シナリオ作りシート(行動喚起)
シナリオ作りシート(クロージング)

全4回講師デビュー講座

料金 200,000円(税抜)

期間 全2日間(約12時間)
資料1 自己診断シート
資料2 コンセプトシート
資料3 シナリオ作成シート

受講前に、無料相談を受けております。わからないことは、お電話で説明いたしますので、お気軽にお問い合わせください!

 

無料相談、申し込みはこちら

表現が苦手な方のためのお客様に届く伝わる表現のコツ

起業、Web用文章作成、講師の3つの分野のスタートでお悩みの方に適切なアドバイスをさせていただいております。
起業・Web用文章作成・講師の3つのプランに関する30分無料相談はこちら
最新イベント情報はこちら
WEB文章作成メニューリスト
起業メニューリスト
講師スタートリスト
メルマガ
PAGE TOP